仕事について WORKS

ゲーム開発はチームワーク

プランナー・CGデザイナー・プログラマー・サウンドエンジニア、それぞれ異なった技術と知識を持った者が集まってひとつのゲームをつくる。
一見、完全に分業体制のように思われますが、ゲーム開発はチームワークがとても大事です。職種を超えて情報共有・意見交換・問題解決が日々行われています。ガンバリオンでは関係セクション同士の連携、スタッフ同士の信頼関係を大切にしており、よりゲームを面白くするための提案や意見を尊重しあえる土壌があります。

それぞれが「面白さ」に対して真剣に考え、伝え合うからこそ起こる様々な化学反応。それが、ゲーム開発の醍醐味です。

ゲーム開発の流れ

企画書の作成 

どんなゲームを作りたいのか、ターゲットやコンセプト、ウリとなるポイントなどパブリッシャーや社内スタッフにもしっかりプレゼンテーションできるように、プランナーが企画書を作成します。企画書は、そのゲームを制作するのかを決める重要なもので、その後のゲーム制作の土台となります。

企画書を作るのは主にプランナーですが、ガンバリオンでは社内コンペを行うことがあります。
新人・ベテラン・職種を問わず誰にでも企画を出すチャンスがあります。

ゲームデータの作成

プランナーが作成したゲームの設計図である仕様書を元に、CGデザイナーがビジュアルをサウンドエンジニアはサウンドを制作し、プログラマーがそれらをゲームに組み込んでいきます。ゲーム開発の大半を占める工程で、細かい部分まで作り込み、ゲームの世界を構築していきます。

プログラマー・プランナー・CGデザイナーの仕事の紹介とスタッフのインタビューを紹介していますので、以下リンク先をご覧ください。

調整・デバック

ゲームがより気持ち良く操作できるように、プランナーがゲームバランスや難易度の調整を行います。また、テストプレイを繰り返し、仕様書と異なる部分やプログラムのバグを修正し、ゲームの完成度を高めていきます。

マスター完成、発売・配信

完成したゲームのディスクをマスターと呼びます。マスターを元にゲームが生産されて店頭並んだり、配信されたりします。
ゲームがお客様の手元に届き、その反応を実感することはスタッフひとりひとりの大きな励みになります。

 

ページ上へ戻る